So-net無料ブログ作成

方言と思い出 [方言]

“月に群雲、花に風”というが、このところ雲と風で、なかなかスカッとした天気にならない。
関東の方ではそろそろ花も見頃の様だが、当地の桜は今少し早い様だ。昨日、久しぶりに
足高山に桜の開花状況を見に行ってきた。残念ながらまだ2分咲きにもなっていなかった。

閑話休題、と言っても閑話の続きである。
我々夫婦の間で、英語の‘big’に相当することを‘ヨーサン’という暗号で意思疎通している。
その元は、“ビッグヨーサン”というスーパーの社名からの連想で思いついたものである。
我々が横浜で生活していた頃、家の近くに出来て利用していた。その頃の我が家は子ども達が
育ち盛りで、そのお店でさまざまなエピソードを生み出した。懐かしい思いがあったからだろう。

今日の散歩中に、暗号‘ヨーサン’を使う機会があり、その時にフト遠い昔のことが思い浮かび
「‘ヨーサン’は‘仰山’と同じ様な意味で使われる方言なんだよ。」と何気なく言った。
その後で、神戸時代の幼友達が使っていた記憶が、余りに古い故か?急に頼りなく思えてきた。

TV推理ドラマ「天才刑事・野呂盆六」の主人公・野呂盆六(橋爪功)はヘンテコな方言を使うが
ドラマの中で野呂は“子供の頃から全国を転々としていたため各地の方言が混ざってしまった”と
説明している。彼のしゃべりは、まことに奇妙で、それが刑事コロンボの帰り際の質問と同様、
容疑者が不用意に隙を作ってしまう。彼のミョウチキリンな方言も有力な捜査技術になっている。

話は逸れてしまったが私も子どもの頃、神戸に育ち、学生時代から東京、そして勤務でも関東、
岡山、九州などを転々としており、私の言葉も恐らく「方言のごった煮」だと思う。‘ヨーサン’は、
確かに神戸時代の幼馴染が、例えば「‘よぅさん’食べた」という風に使っていた。
‘よぅさん’を図書館の日本方言大辞典で引いてみたら、以下の様だった。
“〔方言〕量の多いさま。たくさんなさま。 愛知県知多郡内海。三重県度会郡。大阪府泉北郡”。
神戸。淡路島。和歌山市。愛媛県今治等で使われるらしい。どちらも港町である。瀬戸内の今治
辺りから大阪湾、紀伊水道、熊野灘から伊勢湾への海路交通華やかな時代が思い描かれる。

ちなみにスーパー・“ビッグヨーサン”の社名の由来は、代表取締役・本多洋二氏がその昔、市場
で「ヨーさん」と呼ばれていて、大きな太陽のような存在になりたいとBIG YOSUNにしたとの事。
残念ながら、‘よぅさん’の方言の地方出身者というわけではなさそうだ。それにしても、‘big’と
‘よぅさん’、<英語>と<日本語の方言>が意味的に連関しているような? 如何なものか。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

‘ぞめく’は方言? [方言]

早朝ゴルフ練習に行ってきた。先日の問題点を反芻し毎日の素振りでイメージトレーニング
して、完璧なスイングになっているはずなのだが、いま一というところだろうか?最近は
だいぶ腕を上げたから?自分に厳しく採点できるようになり、満足できないのかも知れない。
気温はやはり低めだが、風もあまりない快晴で、服を着れば過ごしやすい日和だった。

近頃、NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」をちょくちょく見るようになった。
ドラマの切替り直後は見ていたのだが、波美が大人になってからは、物言いが大げさすぎて
ついて行けず見なくなっていた。なぜ「ウェルかめ」をまた偶に見るようになったのか?
第1の理由は、テレビのニュース・ショウが面白くなくなったこと。
マスコミは、民衆に迎合しているのか、与党にお追従しているのか知らないが、政治関連の
話題が実につまらなくなった。戦前、軍部の弾圧が怖いだけでなく軍部へ過度な期待をかけて
マスコミが過度なお追従をしたように、現代も、その体質は当時とほとんど変っていない。
戦前は全体主義、戦後はマルクス主義、そしてまたぞろ、「大東亜共栄圏」ときた。
テレビ鑑賞は朝昼夜の食事時。詰らないからチャンネルを回すと「ウェルかめ」に出会う。

第2の理由は、亀園由香(松尾れい子)という人物の劇中人物と俳優ご自身に興味をもった
こと、そして四国では最も縁の薄い徳島がドラマの舞台だということである。香川、高知や
愛媛には何度も行ったことがある。徳島も鳴門や大歩危・小歩危などの端の方は行ったこと
があるものの、徳島市内や、民宿「浜本」のある美波町など南海方面は行ったことがなく、
大変興味深く思っている。見続けるためには波美の演技が障害?何とかしてくれないかァ~

さて本題の‘ぞめく’であるが、手持ちの小国語辞典では、“浮かれて騒ぐ”とだけ。
どうも古くからある言葉のようだが、時代と共に、方言化した言葉のようだ。
日本国語大辞典によると新潟県佐渡、福井県大飯郡、岐阜県恵那郡、兵庫県淡路島、徳島県
和歌山県、香川県三豊郡などで“浮かれて騒ぐ”と同様の意味で使われているという。
吉野鷺知(室井滋)率いる徳島の出版社の名前が“ゾメキトキメキ”出版社というからには
‘ぞめく’は、単に“浮かれて騒ぐ”という意味だけではないだろう。‘ぞめく・ゾメキ’は
言葉で明確に表現できない‘あやしい気分’、阿波踊りのリズムを聴くと落ち着かなくなり
未来が輝きだす様な、昔を懐かしむ様な不思議な‘心の高鳴り’だろうか?如何なものか。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。