So-net無料ブログ作成

閣僚人事'11.06.27 [社会]

菅首相は、6/27の閣僚人事で、自民党の浜田和幸参院議員を総務政務官に起用すると共に、
夜の記者会見では、退陣の「一定のメド」について、1)2011年度第2次補正予算案、
2)再生エネルギー特別措置法案、3)赤字国債発行法案の成立、の3条件を表明した。
ねじれ参議院の員数合わせのための自民党切崩し仕掛け人は、国民新党の亀井静香代表と
民主党の石井一副代表とのこと。これに、菅が乗り、枝野も、頷いたということか?
浜田氏は、選挙地盤の自民党鳥取県連幹部との折合いが悪く、自民党にいても今期限り?
と、誘いに応じたのだろうという。

自民党の谷垣禎一総裁は、浜田議員引抜きを「自民党の協力は一切いらないということ」と
解釈している。逢沢一郎国会対策委員長も、民主党の安住淳国対委員長に「両党の信頼関係は
完全に崩れている」と指摘した。しかし菅首相は記者会見で「党派を越えて協力してもらう」
という考え方だと述べた。こんな説明で国民や政治家、官僚などが、納得するのだろうか?
民主党の安住氏も「国対上、(野党に)強く言える立場ではなくなった」「こんなことでは
菅首相退陣の3条件法案の成立に、責任は持てない」と述べた。
仙谷由人代表代行も、社会保障と税の一体改革の成案取りまとめが大詰めを迎えており、
「積み上げてきたものが、すべてパーになりかねない」と声を荒らげた。
野田佳彦財務相も閣議後の記者会見で「野党の態度硬化は非常に厳しい状況。頭下げて
協力をお願いするのが筋だ」と懸念を表明。
玄葉光一郎国家戦略相も「与野党交渉のハードルを高くした」と指摘した。

政治が、行儀の良い紳士のゲームでないことは、先刻、皆も承知していることだ。
老獪な政治家である亀井静香や石井一が、後で糸を引いているという今回の閣僚人事。
相当あくどい、寝技、闇討ちなども隠し持っているかも知れない。

民主党政権のこんなゴタゴタの中、今後、何が起こるか予測がつかない。
「コンクリートから人へ」も結局、机上の空論。「東日本大震災」の費用も大変だ。
今後も、関東・東海、南海などの大地震もある。高齢化、少子化もまだまだ進む。
原発問題に伴うエネルギー政策も不透明なままだ。困った人にお金をばら撒く政治が
一概に悪いとは言わないが、国の財政を賄えるキッチリとした政治をしてもらいたい。
しかし政治家は結局、国民不在の権力闘争?ならばバラマキは慎むべきではないか。
それとも、バラマキ合戦で、国を滅ぼして、また塗炭の苦しみから這い上がるか?
自民党も腹が据わっていない?結局、政界再編?バラマキ合戦?破滅? 如何なものか
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。