So-net無料ブログ作成

「おひさま」第10週 [物語]

田植えも大分進んで、追い込みの時期?土曜日で、子どもや孫が手伝ってくれている?
◎ 田植機に 孫と相乗り 雨上がり
「おひさま」も60回。4割を消化したが、物語の時間経過は11年だから、単純計算でいうと
あと28年しか語れない?  となると、1970年頃で終わってしまうが、さてどうなるのか?
今週の前半は「見合い結婚」で一応取り上げた。さて後半、話題はいろいろあるが、整理が
難しい。従って「別れの朝」(木)を取上げた。和成(高良健吾)の出征で別れると言うのに
和成は嫁の陽子(井上真央)にも両親(樋口可南子・串田和美)にも、普段通りの生活様式で
別れたいと要望した。やはり学校に行きたくないという陽子を無理矢理、見送ってしまう。
両親も、門口までも見送らせないで、調理場で別れの挨拶。

もし戦争のない状態なら、いくら戦前でも結婚休みくらいはあったのではないか?昔は、
結婚とは特別の儀式だった。結婚式翌日の「別れ」を普段通りにやりたいというのは和成の
身勝手な我儘ではないか? ジメジメした別れ方をしたくない気持は良くわかる。自分も
引き込まれて落込んでしまう?しかし生きて帰ってくるならまだしも、戦死なら女たちは
一生涯、悔いを残し和成から自由になれないのではなかろうか?母親や嫁の気持を考えれば
むご過ぎる? だが強さも弱さもひっくるめて、それが人間の魅力でもあるとするならば、
そういう面を正直に出して、心に長く刻み込むやり方もまた、一つの愛の表現なのかも?

学校に行った陽子は音楽の時間、唱歌 ♪兵隊さんのお陰です を、歌いながら目には涙が!
歌いながら、自分の夫が戦地に行っているということを、ヒシヒシと実感するのであろう。
授業の終わった後、夏子先生(伊藤歩)に、夫の無事な帰還を泣きながら訴えていた。
この回の放送が終わった後、「朝イチ」に切替ったのにすすり泣きの声がする?あれまだ
終わってなかったか?なんと有働アナが泣いている!「おひさま」放映中は号泣していた?
「朝イチ」共演者が、作り笑いでハラハラしているので、そう推定したが?どうだろうか。

太陽の陽子から、ふと「一隅を照らす」という言葉を思い出した。4割を消化した段階で
陽子は、太陽のように世界を照らすのではなく、陽子の周りを明るくする人と考えた方が
良さそうに思った。「一隅を照らす」という言葉には、色々な解釈があるらしいが、
「一隅を照らすとは、立場立場になくてはならぬ人になること」と、言う人もいる。私は
「一隅を照らすとは、謙虚で前向きに自分の役割を遂行し、自立して周りを明るくする事」
と考えている。 陽子が私の言う様な「一隅を照らす」人か?見守りたい。如何なものか
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。